にきび跡の赤みを消す方法

にきび跡の赤みは、血液の流れが悪くなり、毛細血管がうっ血して赤みを作ってしまいます。

 

それは、肌の奥に炎症が残っている可能性があるからです。
また、炎症によってメラニンが生成され、赤みが目立つようになります。

 

 

にきび跡の赤みを消すには・・・

 

■肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進する。

 

■肌の表面の角質をはがし、肌の再生を促進させるピーリング治療

 

■血行促進作用、抗炎症作用、水分保持作用がある塗り薬

 

■ビタミンC配合の化粧水や美容液で肌を保湿する。

 

■レーザー治療

 

こういった治療方法があります。

 

にきび,赤み,消す

ターンオーバーが遅れると、古い角質が剥がれ落ちず、良い薬や化粧水など塗っても、なかなかにきび跡の赤みは消えません。

 

まずはターンオーバーを正常に戻すことが必要です。
睡眠を十分にとる、栄養のバランスがとれた食事、適度な運動をすることでターンオーバーを正常に戻すことができます。

 

正常になることで、塗り薬や化粧水の効果が数倍にも発揮されます。

 

 

にきび跡の赤みを消したい!と悩んでいる人は、まずは日常生活の習慣の見直しを始めてみてはいかがでしょうか。