皮膚科で処方されるニキビ跡を消す薬

病院の皮膚科などで処方される、にきび跡を消す薬には、塗り薬と飲み薬があります。

 

塗り薬には、抗生剤の「ダラシンゲル」「アクアチウム」があります。
殺菌して、炎症を抑えることで、にきび跡の赤みを改善してくれます。

 

また、「ハイドロキノン」「レチノイン酸」が含まれた塗り薬も効くとされています。
内服薬では、抗生剤の「ミノマイシン」「ルリッド」、色素沈着の「トランサミン」「ビタミン剤」があります。
炎症を抑える薬で内側から効くため、より高い効果が得られます。

 

 

しかし、こういった薬は、処方箋がなければもらうことができません。
皮膚科に受診して、きちんと診察してもらうことが大事です。

 

薬があるから大丈夫!と安心しないでください。
栄養のバランスが取れた食事、睡眠なども健康なお肌を作ることも必要です。

 

それに、残念ながら薬での治療は、レーザー治療などに比べると、即効性はありません。

 

薬の場合は、1ヶ月飲み続けていてもほんの少ししか効果が現れないことも・・・

 

最低でも3ヶ月は継続しないといけない、ということを理解しておいてください。