塩素は肌トラブルの原因になるの?

塩素は肌トラブルの原因になるの?

塩素は、肌に悪い影響を与えるのでしょうか?

 

結論からいうと、肌の強い人は肌あれを起こす可能性は少ないのでそれほど気にすることはありません。

 

しかし、肌の弱い人は、刺激が強いので肌あれを起こす原因になります。

 

 

塩素には以下の性質があるので、濃度によっては肌に影響がある場合があります。

 

殺菌能力が高い

殺菌能力が高いため、肌の表面の細胞を破壊してしまうことがあります。
そのため肌バリアが低下し、外からの刺激に弱くなってしまい、肌あれを起こします。

 

炎症を発症させてしまう

アトピー肌の人は、アトピー性皮膚炎を発症させる場合があります。

 

 

以上の点を意識しておく必要があります。

 

 

塩素は、水道水やプールの水などに使用されています。
特に、肌の弱い人は、塩素の影響で肌あれを起こしやすいので、できるだけ避けるようにしたほうがよいでしょう。

 

また、水道水の塩素を少しでも取り除きたいのなら、純水器や浄水器を使うとよいでしょう。

 

ただ、あまり気にしすぎてしまうと、ストレスがかかるので気をつけてください。

 

ストレスも、肌荒れの原因になってしまいますので…