ニキビ跡ができる原因とは?

ニキビ跡,原因

 

せっかく治ったニキビでも、跡に残ってしまうと本当にショックですよね。

 

日数がたてばお肌の生まれ変わりと共に消えて無くなるケースもありますが、
時にはクレーター状の、ぼこぼこした凹凸状の跡になってしまう場合があります。

 

ニキビがひどく、炎症を起こしてしまうと、肌の細胞が「これ以上他の皮膚へのダメージを」防ごう!
ということで、ニキビ周辺の皮膚組織を破壊して広がりを抑えようとします。

 

その結果、破壊された皮膚組織部分、いわゆるニキビ跡部分の新陳代謝がうまくいかずに、凹んだような跡になってしまうのです。

 

 

そこで、ひどいニキビが治った後でもきちんとしたスキンケアで、お肌の生まれ変わりが正常に行われていればニキビ跡を防ぐ事ができます。

 

きちんとしたニキビ跡予防スキンケアをすることによって、お肌の新陳代謝を正常に、なおかつ活発にさせることが大切です。

 

ニキビ跡,原因

 

ニキビ跡の改善法

ニキビ跡の手術