足のかかとのカサカサを治すには・・・

かかと,肌荒れ,対策,カサカサ

 

冬になると、足の「かかと」がカサカサになってひびが入りませんか?

 

そのままにしてほおっておくと、出血したり歩いた時に痛みを感じたりします。
そうなる前に、きちんと「かかと」のカサカサやひび割れを治す必要があります。

 

では、どのようにすればかかとをキレイにすることができるのでしょうか?

 

軽石でこする

軽石でこすると、硬くなった角質を削ることができ、皮膚を柔らかくする効果があります。
こする時は、力を入れてゴシゴシするのではなく、優しくこすってください。

 

はちみつを使う

ぬるま湯の中に、はちみつを入れて足を浸してみましょう。
皮膚が柔らかくなって乾燥を防ぐことができます。
また、はちみつは殺菌効果があるので、細菌感染の予防にもなります。

 

お酢を使う

ぬるま湯にお酢を入れて、30分から1時間足を浸してください。
乾燥肌の状態は、肌の表面がアルカリ性に傾いてることが多いので、お酢の酸が正常な中性に戻す効果があるとされています。
肌がしっとりする感じを味わえると思いますよ。

 

保湿をしっかりする

化粧水や乳液でかかとに潤いを与えてください。
特に入浴後に保湿すると、さらに効果があります。
日頃から入浴後や就寝前の習慣にしておくといいですね。

 

 

 

 

かかと,肌荒れ,対策,カサカサ 足の冷え改善・角質除去・保湿するフットケアジェル