お肌が乾燥してしまうのは何故?

肌荒れ,乾燥肌,原因,理由

 

肌が乾燥してしまうのは、何故だかご存知ですか?

 

多くの方は、お肌の水分と皮脂が少ないから、だと思っていらっしゃるかもしれません。

 

確かにそうですが、お肌がそのような状態になってしまう根本的な原因があります。

 

それは、洗いすぎです。

 

ついつい、汚れをしっかり落とそうと何度も念入りに洗ってしまいたくなるときがあります。
これを連日繰り返されている方も多いかもしれません。

 

しかし、それは逆効果で、必要な皮脂まで洗い流してしまうので、肌がカサカサになり、乾燥が生じてしまいます。

 

また、オイリー肌の人も何度も洗ってしまう傾向があります。
顔のテカリが気になって1日に何度も顔を洗いたくなりますが、やめておきましょう。

 

洗いすぎると、乾燥肌になる可能性があります。
それに、逆に脂を補おうと、皮脂の分泌が活発になってしまい、オイリー肌がひどくなることもあります。

 

顔はもちろんですが、肘や膝、脚、手や足なども皮脂の少ない部分なので、洗いすぎると乾燥しやすくなりますので、特に気をつけなければなりません。

 

汚れが気になると思いますが、顔や体の洗い過ぎには十分注意してくださいね。

 

体なら1日1回入浴時に、
そして顔なら1日に2回朝晩で十分でしょう。