肌あれには、どんな種類があるの?

肌あれには、どんな種類があるの?

肌あれには、どんな種類があるのでしょうか。

 

例をあげると、「シミ」「シワ」「ニキビ」「たるみ」「くすみ」「くま」「乾燥」などです。

 

特に、年を重ねることになりやすい肌荒れは、たるみシミシワです。
中高年になると、一気に悪化する可能性があるので、気をつけなければなりません。

 

次にニキビです。
ニキビには、大きく分けると思春期ニキビと大人ニキビの二つがあります。

 

思春期ニキビは、成長が盛んになるにつれ、皮脂分泌が多くなるのでニキビになりやすくなります。
この思春期ニキビは、大人になるにつれて改善していきます。

 

一方、大人ニキビは、そのまま放置すると悪化するので気をつけなければなりません。

 

そして、くすみくまも肌荒れの一種です。
血行不良により生じます。

 

他には、乾燥も肌荒れの一種です。
特に寒い冬に乾燥しやすくなり、お肌がカサカサになります。

 

このような種類の肌荒れがあります。

 

それぞれの対策法は違ってきますので注意してお手入れしてくださいね。