お酒は肌荒れの原因になるの?

お酒は肌荒れの原因になるの?

 

お酒が好きで毎日飲んでいる人は、気をつけてください。

 

お酒を飲み過ぎると肌荒れを引き起こす場合があります。

 

では、なぜお酒を飲むと肌あれを引き起こしてしまうのでしょうか?

 

 

炎症を悪化させる

ニキビが出来ている状態で、更にお酒を飲むと炎症を悪化させる原因になります。

 

ビタミンが失われる

健康なお肌を維持させる役目があるビタミンが失われ、肌あれを起こしやすくなります。

 

皮脂の過剰分泌の原因

お酒には糖分が多く含んでいるので、皮脂の過剰分泌を促してしまいます。

 

肝臓への負担が大きい

肝臓に負担が大きいため、肝機能を低下させてしまい、毒素がきちんと分解されないまま血液中に混じってしまうため、肌あれを起こします。

 

活性酸素が発生する

お酒の成分を分解する際に活性酸素が発生し、肌細胞にダメージを与えてしまいます。健康やアンチエイジングの点からも、活性酸素の過剰発生を抑制すべきです。

 

 

お酒を飲みすぎると、このようなことを引き起こしてしまうため、肌あれを引き起こしてしまいます。

 

大切なお肌を守るためにも、飲み過ぎには注意してくださいね。