季節の変わり目になぜ肌荒れを起こすの?

季節の変わり目になぜ肌荒れを起こすの?

よく季節の変わり目に、肌あれを起こしてしまうということを聞きますね。

 

おそらく、みなさんの中にもそういった人がいるのではないでしょうか。

 

どうしても、季節の変わり目には肌荒れを起こす人が増えてきます。

 

それは、いきなり暑くなったり、寒くなったりして、気温や湿度の変化の影響が原因で肌あれを起こしてしまうのです。

 

また、紫外線の量も急に増えると肌あれを起こします。

 

肌荒れするのは、そういった環境の変化にお肌がすぐに対応できないからです。

 

 

季節の変化による肌荒れには、例えば以下のようなものがあります。

 

 

春に多い肌あれ

だんだん暖かくなると、皮脂の分泌量が大きくなり、肌機能が乱れ、吹き出物が出てきたりします。

 

夏に多い肌あれ

夏になると紫外線が多くなってきます。
紫外線がお肌を刺激してシミやシワができやすくなります。

 

秋冬に多い肌あれ

だんだん寒くなってくると、お肌の水分が失われ、お肌が乾燥してきます。また、冷えによる血行不良が原因で、様々な肌トラブルが起こりやすくなります。

 

 

このようなことが、季節の変わり目に出てきます。

 

肌あれを起こさないようにするために、十分なスキンケアをするように心がけてくださいね。