ストレスは肌荒れの原因になるの?

ストレスは肌荒れの原因になるの?

現代社会は様々なストレス要素がありますよね。
毎日、様々なことでいつの間にかストレスがたまってしまっていることもあります。

 

ストレスは、お肌に悪い環境を与えるので、肌荒れを起こしてしまいます。

 

では、ストレスを溜め込むと、なぜ肌あれを起こしてしまうのでしょうか?

 

 

活性酸素が発生してしまう

ストレスがたまると、活性酸素が発生し、老化を促してしまいます。
その結果、しみやしわなど様々な肌トラブルを起こしてしまいます。

 

肌バリアが低下してしまう

肌には外からの刺激を防ぐバリアがありますが、ストレスを受けるとその機能が低下し、肌がダメージを受けやすくなります。
その結果、肌荒れが起こります。

 

ホルモンバランスが乱れてしまう

ストレスは身体のホルモンバランスを乱す原因になります。
ホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンが増えます。
そのため、皮脂の過剰分泌を引き起こすので、毛穴を詰まらせたりして肌あれを起こします。

 

 

肌あれを治したいのなら、ストレスを溜めないことが大切です。

 

ストレスが溜まった時に、リフレッシュしてストレス発散できる何かを見つけるとよいでしょう。