正しいUVケアで美肌作り

UVケアは夏だけしかしてないわ!という方、実は紫外線は年中地上に降り注いでるので要注意なんです。
春先から夏場にかけて、どんどん紫外線量が増えていきますが、秋から冬もじわじわと降り注いでいます。

 

紫外線はお肌の真皮にたどりつくことで、コラーゲンやエラスチンなどにダメージを与えます。
すると、お肌の弾力が弱くなりたるみを招きます。
また、紫外線を浴びる事でメラニン色素が過剰に作られ、シミの原因にもなったります。

 

10代~20代の若い人は、まだお肌の新陳代謝が活発なので、強い紫外線を浴びて黒くなったり、
肌にダメージを受けたとしてキレイな肌に戻ります。

 

それが30代くらいになってくると、若い時よりも新陳代謝が落ちてきます。
なので、肌のダメージがそのまま残ってしまうのです。

 

たるみやシミ、これらがあるだけでウンと老けて見えてしまいますよね。

 

でも、そこで諦めてはいけません。
きちんとしたUVケアで美肌を作ることやキープすることが出来るのです。

 

毎日のUVカットは、化粧下地にUVカット機能があるものがお勧めです。
SPFの値が高ければ高いほど効果がありますが、日常で使用する場合はSPF20くらいでも十分です。

 

化粧が崩れやすい時期は、小まめにファンデーションやUVカット効果のあるパウダーでケアをしましょうね。

 

あと、朝起きてから洗濯やちょっとした買い物で外出する時も要注意ですよ!
ちょっとした手間ですが、それが散り積もってお肌にダメージが蓄積されると一気にシミとして出てきたり、
恐怖のたるみとなって表れてしまいます。

 

せっかく女性に生まれたのだから、UVクリームを塗ることを習慣にして真っ白美肌を目指しましょう!